1か月を目安に使う

毎日使う歯ブラシの交換時期とは

歯ブラシは劣化するもの

何となく歯ブラシを使って、ずっと交換していない人がいるのではないでしょうか。
しかし歯ブラシには、目に見えない雑菌が付着しています。
それで口内を磨くと雑菌が口内につき、繁殖して病気を引き起こすと忘れないでください。
つまり歯を磨いている意味がないので、適度に交換しましょう。
交換する目安は、1か月に1回です。
また毛先がボロボロになった、汚くなった、嫌な臭いがするようになった時も交換のタイミングだと覚えてください。

新しい歯ブラシに交換する際は、使いやすい歯ブラシを見極めましょう。
お店で売られている歯ブラシは、毛先の固さがそれぞれ異なります。
おすすめは毛先が柔らかいものなので、パッケージにそう書かれているものを選んでください。
毛先が固い歯ブラシだと、歯や歯茎を傷つける恐れがあります。
傷口からバイ菌が入り込み、病気になるので注意しましょう。
また、力を入れて磨かないでください。
それも歯にダメージを与えますし、歯ブラシが早く劣化してしまいます。

歯ブラシ以外に歯間ブラシや糸ようじなどの道具を使っている人は、それらも1か月に1回は交換しましょう。
歯ブラシと、同じタイミングで交換すると忘れません。
毛先がボロボロになっていることに気づいた時に、すぐ交換できるようストックを購入しておくと安心ですね。
また様々な歯ブラシを試して、自分に合うものを見つけることがうまく歯を磨くためのコツです。
気になった歯ブラシは、どんどん使いましょう。

口内環境を清潔にしよう

劣化している歯ブラシでは、うまく歯に付いた汚れを落とせません。 歯磨きの効果を発揮できないので、新しい歯ブラシに交換してください。 見た目が綺麗でも、見えない雑菌が付着している可能性があります。 ですから見た目に異変がなくても、1か月を目安に交換しましょう。

柔らかい歯ブラシを選ぶ

毛先の柔らかい歯ブラシを購入して、使ってください。 それなら、口内を余計に傷つけることはありません。 これまでは適当に安いものを選んでいたかもしれませんが、その選び方は間違っています。 口内に優しい歯ブラシを見極めて、虫歯や歯周病予防に役立てましょう。

歯ブラシ以外も交換しよう

歯間ブラシや糸ようじなどの道具も、こまめな交換が必要です。 歯ブラシと同じタイミングで交換すれば忘れませんし、楽なのでストックを用意しておきましょう。 また気になる歯ブラシが見つかったら、どんどん試してください。 実際に使うと、自分に合うのかわかります。

TOP