口内環境を清潔にしよう

交換する頻度とは

歯ブラシは使い続けると、劣化していきます。
劣化した歯ブラシではうまく汚れを落とせませんし、歯や歯茎にダメージを与える危険性があるので使わないでください。
大体、1か月に1回交換することを心がけましょう。
またずっと使い続けている歯ブラシには、雑菌が付着している可能性が高いです。

それで歯を磨くと口内に雑菌が移り、病気の原因になると覚えておきましょう。
汚れを綺麗に落とし、口内環境を清潔にするためには歯ブラシの交換が欠かせません。
自分が今の歯ブラシを、いつから使っているのか覚えておきましょう。
1か月が経過してまだ歯ブラシが綺麗に見えても、見えない汚れがついているかもしれません。
念のために、交換して歯を磨きましょう。

歯ブラシに異変が起こっている

まだ1か月が経過していなくても、歯ブラシの見た目に変化が起こっている場合は交換することをおすすめします。
交換する目安は、目に見える汚れがついている、歯ブラシの毛先がボロボロになっている場合です。
歯ブラシを購入した当初は、毛先がまっすぐに揃っています。
しかし使い続けると毛先が広がり、その頃になったら交換する時期だと思いましょう。

歯を磨く前に、歯ブラシの様子を確認するのがおすすめです。
また歯磨きは、食後に必ず行いましょう。
食後は最も汚れが溜まっていますし、それをエサにして虫歯菌が繁殖します。
歯を磨かないと虫歯になるので、歯磨きをきちんと行ってください。
どうしても歯を磨けなければ、口をゆすぐだけでも効果があります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP