歯ブラシ以外も交換しよう

仕上げに使うもの

いつも歯ブラシで歯を磨いて、そのあとにうがいをして終了している人が見られます。
しかし歯ブラシだけでは、まだ口内に汚れが残っています。
完全に汚れを落とすためには、歯間ブラシや糸ようじを使うのがおすすめです。
それらの道具で奥歯などの磨きにくい部分や、特に気になるところを念入りにケアしましょう。

歯間ブラシや糸ようじも、1か月に1回ぐらいの頻度で交換するのが基本です。
ただ朝や昼は時間がなくて、夜にしかそれらの道具を使っていない場合は、2か月に1回など使用する期間を長くしても構いません。
ただ交換する時期が歯ブラシと異なると、いつ交換したのかわからなくなってしまいます。
きちんと、交換する時期を覚えておきましょう。

気になる歯ブラシがあった時

各メーカーが努力しているので、常に新しい歯ブラシが登場しています。
より歯を磨きやすくなったり、汚れを落としやすくなったりしているので、使って確かめてください。
評判を聞いたり、メーカーのサイトを見たりして情報収集するのは良い方法です。
しかし自分で使わないと、使用感はわかりません。

口コミでみんなが良かったと言っている歯ブラシでも、自分にとっては使いにくいかもしれません。
せっかく買ったからと、使いにくい歯ブラシを我慢して使い続けることは避けましょう。
すぐボロボロになり、うまく奥歯や歯の裏側を磨けない時は合わない歯ブラシだと判断できるので、別のものを探してください。
磨きやすい歯ブラシで、口内のケアを行うことがコツです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP