柔らかい歯ブラシを選ぶ

様々な歯ブラシがある

歯を磨く時のおすすめは、毛先が柔らかい歯ブラシです。
毛先が固い歯ブラシでは、歯や歯茎を傷つけてしまいます。
傷口からバイ菌が侵入すると病気になりますし、汚れが奥まで入りこんでしまう危険性があるのでおすすめできません。
パッケージに毛先の柔らかさが書かれているので、お店で簡単に探せると思います。

歯ブラシは様々なメーカーから販売されており、値段も安いものから高いものまであります。
高い歯ブラシが良いというわけではありませんが、安いことを優先して選ばないように注意しましょう。
また握りやすいことも、自分に合う歯ブラシを見極めるために欠かせない条件です。
持ち手が太いものや細いものがあるので、どちらが良いのか考えましょう。

弱い力でも磨ける

強い力を入れて歯を磨くことで、汚れが落ちると思っている人が見られます。
しかし実際は、そんなに力を入れると歯の表面を傷つけるだけなので絶対にしないでください。
歯が削れて、知覚過敏などを引き起こす可能性があります。
軽く歯ブラシを歯に押し当てて、磨くだけでも汚れは落ちます。
その程度の力加減が正しいと、覚えておきましょう。

さらに歯を大事にするなら、歯磨き粉の量に気を付けてください。
たくさん歯磨き粉を付けると、歯磨き粉に含まれる研磨剤の影響で歯が削れてしまいます。
あまり良い効果はないので、歯磨き粉は1センチか2センチが適量だと覚えておきましょう。
適量を使えばしっかり汚れを落として、口内を清潔な状態にできます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP